2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 都はるみ | トップページ | 幕別町百年記念ホール »

2007年10月20日 (土)

おもひでぽろぽろ

宮崎駿プロデュースの『おもひでぽろぽろ』を見た。
じっくり見たのは初めてかな?
1991年の作品だから、16年も前になりますね。
主人公のタエ子は27才の設定なので、ほぼ俺と同年代なのかと思ったら、概要を読むと1982年の山形市高瀬地区の様子を描いたそうだ。
と言う事は、千春さんと同年代と言う事になる。
そのタエ子が、休暇で訪ねた山形で、小学5年生の自分を思いだすと言うストーリー。
それにしても、給食風景などは、昔の自分を思い出す。
他にも、非常に細かく描かれていたのは、山形に向かう寝台特急『あけぼの』だ。
(当時)福島から先は奥羽本線に入り、板谷峠を越えるための専用の機関車が連結される。
早朝の山形駅に進入してくるシーンは、シルエットながら重連機関車(ED78+EF71)がハッキリと描かれている。
これは鉄ちゃんにしかわからないシーンでしょう。

この映画を見ていたら、また夜行列車に揺られて、旅がしたくなりました(^_^)v

by よしくん

« 都はるみ | トップページ | 幕別町百年記念ホール »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おもひでぽろぽろ:

« 都はるみ | トップページ | 幕別町百年記念ホール »