2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 6/9 鳥栖市民文化会館 | トップページ | 6/14 広島文化学園HBGホール »

2017年6月11日 (日)

NACK5 (6/11)

今夜もリアルタイムにお伝えしたいと思います♪

by よしくん

 

« 6/9 鳥栖市民文化会館 | トップページ | 6/14 広島文化学園HBGホール »

ラジオ」カテゴリの記事

コメント

6/11 放送分より

皆さま、お元気でいらっしゃいますか?
松山千春です。
今夜は、札幌STVラジオからお届けです。

前回は、RKB毎日放送さんからお届け。

福岡~長崎~鳥栖とコンサートやった。
移動日があるといい感じ。

この一週間、いかがですか?

コンサートに出向くと、天気が悪くなる。
帰ってきたら北海道も天気が悪い。
道内は、20℃を上回らなかった。
今の札幌は13℃。

聴取者からのメール。
福岡コンサート参加者より。

九州のコンサートがどうだったか、今夜の放送でお話します。

福岡、「帰ろうか」と言われた時に、「帰れば?」
「人生の空から」を歌ってる時に、「帰ろうか」の歌詞を考えてた。
♪今はただ あてもなく 風にこの身まかせ~

ギターのももちゃんが全くついてこれない。

長崎は、「いつのまにか」。
♪いつのまにか 君の愛が~

ここで幕が下りて、アンコール2は「大空と~」。
長崎のお客さんは盛り上がった。

鳥栖は、鳥栖出身の権藤さんが来てくれた。
40年ぶりに鳥栖に行くと。
権藤さんが行くならと、WBCの監督だった小久保さんも来てくれた。

小久保も権ちゃんも飲む。
権ちゃんは、千春さんがタバコを吸う様に、途切れること無くビール。

これからも野球界を引っ張っていってもらいたいと思います。

春のコンサートは、フォークソングとはどういうものなのかという話もする。
たまに、弾き語りで歌う。
今夜はおさらい。

♪花はどこへ行った (PPM)

<CM>

アメリカでフォークソングが流行っていく、1940年1950年代。
1960年代には、ボブ・ディランもデビュー。
ボブ・ディランにはがっかりした。
受けるなら受ける、嫌なら嫌といえばいいのに。

日本にフォークソングが入り、岡林信康がデビュー。

♪今日をこえて (岡林信康)

<CM>

聴取者からのメール。
福岡コンサート参加者より。

コンサートの掛け声。
昔は、女の子だったけど、いつごろからか、男性客も。

♪靴ひもむすんで (加川 良)
 
<CM>

聴取者からのメール。
加計学園問題。

政治主導は良いけど、政治家主導はいけない。
我々国民が、納得の行く説明をしていただきたいと思います。

<CM>

毎回コンサートに足を運んでいただいて、同じ時間を共有していただいて、コンサートは楽しいです。

歌だけだったらCDで聴けばいい。
コンサートは生の素晴らしさ。

一所懸命、歌わさしていただきます。

福岡~長崎は、デビューする時に、竹田さんと二人でキャンペーンに行った思い出があった。
福岡から長崎に汽車で移動、漫画を読んでいたら、竹田さんに車窓を見ておけと怒られた。

この後、広島~松江。

一週間お元気で。
今日も最後まで聴いていただきまして、ありがとうございました。

♪大空と大地の中で (松山千春)
 
 
 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1239464/70664208

この記事へのトラックバック一覧です: NACK5 (6/11):

« 6/9 鳥栖市民文化会館 | トップページ | 6/14 広島文化学園HBGホール »