2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2018春ツアー「弾き語り」 まとめ | トップページ | NACK5 (7/8) »

2018年7月 1日 (日)

NACK5 (7/1)

今夜もリアルタイムにお伝えしたいと思います♪

by よしくん

 

« 2018春ツアー「弾き語り」 まとめ | トップページ | NACK5 (7/8) »

ラジオ」カテゴリの記事

コメント

7/1 放送分より

皆さま、お元気でいらっしゃいますか?
松山千春でございます。
今夜も、札幌STVラジオからお届けです。

春のコンサートツアー「弾き語り」、ニトリ二日間を持って、全て終了。
満足感、充実感、いろんな気持ちが入り乱れ。
思い返せば、4月20日越谷からスタート。
福島は、久しぶりに知り合いの寿司屋に寄った。
仙台は牛タン。
長野は善光寺へ。
長野市内から大町は入り組んだ道を走った。
みんな盛り上げてくれた。
 
今回、体調はずっと安定してた。
強いて言えば、移動で腰が痛くなったくらい。
後は全然元気だった。

声が枯れたらどんな声になるんだろう。
結局枯れることもなく。

鶴岡の後、楽屋からラジオ。
その後、秋田へ走った。

熊本のコンサートの時に、野見山さんが亡くなった。
「のみさん、自分は頑張ってもう少し歌ってきますから」 
佐伯は30年ぶり。

名古屋くらいから、全国的に日差しが強くなった。
高知、高松あたりで、冷房がキツくなってきた。
広島は冷房がキツかった。

ニトリは9月いっぱいで取り壊しになる。
デビューコンサートは、1977年8月8日。
あの頃は、北海道厚生年金会館。
デビューしてから毎年やってきた。

終わってから、会館の人たちからお礼を言われた。
愛着がある会館ですから。
全国各地、会館はあるがスタッフの連中が使い勝手の悪い会館。
作る前に、スタッフの連中に聞けばいい。
この頃は、設計士さんが凝ったホールを作るが、使い勝手が悪いのは良くない。
使いやすく、見やすい、聴きやすいのが一番だと思う。

台風7号が心配。

この後は、7月16日、日比谷野音でのコンサート。
ここで、新しい、メンバーと。
アコギとベースが若いやつ。※ももちゃんと恵美さん※
バンドがあると、違ったコンサートになると思います。

♪愛は全て (松山千春)

<CM>

聴取者からのメール。

ニトリコンサート参加者より。
弾き語り最高でした。

振り返ってみると、あっという間に終わった。

弾き語りでワンツアーは、なかなか無いことだと思う。
モチベーションがないと、全曲弾き語りはできない。

野音は32年ぶり。
メンバーいるから、色々な曲をやってみたいと思ってる。

♪風 (松山千春)

<CM>

FIFAロシア大会について。
サッカーはそんなに好きでもない。
超スローで見ると、汚いなーと思う。

びっくりしました。
果たして、決勝トーナメントに出る事が全てだったのか?
西野監督采配について、みんな養護するけど、俺はナシだろう。
サッカーというゲームに対して、何の敬意も払われてない。
サッカーをしないで何をするわけ?
長谷部を入れてパス回し。
ベスト16ですけど。
最後の10分以上、球回し。
負けててですよ。
俺は戦うべきだと思います。
何のためにワールドカップまで行ったのよ。
お客さんに対して失礼だよ。
俺は、西野さんの采配が誇りだとは思えない。
ちゃんとやらせて、日本が点を取るかもしれないし、ポーランドに追加点を許しても、よく頑張ったと言える。
これだとかけられない。

サッカーなんですから、サッカーしてくださいよ。
ちゃんと最後まで、サッカーやらしてもらいたかった。
勝負は時の運だから。

ランクは向こうが上かもしれないけど、やってみなきゃわからない。
だから、みんなが楽しんで夜でもテレビつけて応援する。
ある種、憤慨してます。

本当にみんな、あれで良かった良かった、それが正解なんだと思うのだろうか?
スポーツに対する考え方、何事にもプレーしなきゃ。
ピッチにいた選手も、プレーができなかった。

アジア枠で残ったのは日本だけですが、その残り方があまりにも露骨。
今年はスポーツで色んな出来事がありましたが。
あの、アメフト事件に匹敵するくらいの残念さ。
あくまでも、個人的な考え方ですから。

俺は、日本とポーランドが、90分でどれくらい戦えるのか、最後まで戦う姿勢を見せてほしかったと思います。

<CM>

聴取者からのメール。

ニトリコンサート参加者より。

津軽三味線が最高だった。
レコーディングの時に、小山豊氏と会って、鳥肌が立った。
できれば、コンサートでこの感動をと思って、あの1曲のために誘った。

小山氏も初めての体験だったようで、打ち上げで、こうして千春さんといるのが夢のようで。。。と。

倉敷コンサート参加者より。

21歳の子が弾き語りを見て、どういう風に感じるのか。
俺のデビューが21歳。
あっという間。
だからこそ、一日一日がたまらなく愛おしい。

リハや片付けの時、スタッフも年取ったな。
動きが機敏じゃない。

時が経つのを感じた、春のコンサートツアー、来ていただいた方、ラジオを聴いていただいてる皆さん、無事終了しました。
ありがとうございました。

<CM>

今回、春のコンサート、全国各地で大変お世話になりました。
各局で聴いていただいてる皆さん、6月は異常だった。
札幌、こんなに暑かった6月ってなかなかない。
これから台風がどう動いていくか。
北海道150年、「北のうたたち」。
この夏場にかけて、やっぱり新曲を作って、なんとかレコーディングをできれば。
海の日に野音があるから、それまで、ギターを鳴らしてれば、なにか生まれてくると思います。
この番組でも、紹介できるくらい、いい曲を作りたい。

季節の変わり目、夏。
熱中症に十分気をつけていただきたい。
歳は関係ない。
水分補給、栄養のある食べ物を。
自分に言い聞かせてる。
しっかりとした形で、7月16日を迎えたい。
頑張って野外に向けて、リハーサルもやっていく。

1972年、札幌冬季オリンピック、その時の曲。

今回も最後までありがとうございました。

♪虹と雪のバラード (松山千春)
 
 


野音に行かれる方、楽しみですね
7月に入り、近付いて来た感が
熱中症などくれぐれもお気を付けて

東京駅という難関をクリアするだけで精一杯な私
雨に対する備え等も、となると、ハードルが高過ぎて
なので早い段階で諦めることにしました

盛り上がりや幸せのお裾分けを待とうと思います

よしくん、今夜もありがとうございました

よしくんさん
いつもタイムリーな情報ありがとうございます。
いつも楽しみに拝見しています。
そして、ももちゃんと恵美さん、
お疲れ様でした。
お二人の奏でる音は素敵でした。
他の場所でも活躍されます事を願っております。
(身体を壊されていなければ良いのですが)

日比谷野音からの新メンバーの方も期待したいと思います。

よしくん様
春コン全行程セットリスト&その中でのラジオ書き起こし・・
本当にありがとうございました

7/16 日比谷野音もよろしくお願いします

スペシャルライブは(から)丸山さん外れますがこのライブだけなのか、次のツアーは完全に外れるのか気がかりです。
ご自身のツアーは夏場行われているので・・・。
いきなりの振りに対応できるのは丸山さんと夏目さんの真骨頂でしたから。
千春さん共々年を重ねられあと何年ツアーに出れるか。あと2年か3年か。
最近千春さんも痩せてきたとのコメントを見かけます。
ラジオ・テレビ・LIVE集中し見てゆきたいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NACK5 (7/1):

« 2018春ツアー「弾き語り」 まとめ | トップページ | NACK5 (7/8) »