2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 11/7 倉敷市民会館 | トップページ | 11/13 東京国際フォーラム »

2019年11月10日 (日)

NACK5 (11/10)

今夜もリアルタイムにお伝えしたいと思います♪

by よしくん

 

« 11/7 倉敷市民会館 | トップページ | 11/13 東京国際フォーラム »

ラジオ」カテゴリの記事

コメント

11/10 放送分より

皆さま、お元気でいらっしゃいますか?
松山千春です。
今回も、札幌STVラジオからお届けです。
 
寒いぞ。
7日、倉敷でコンサートの日に、札幌で初雪。
寒さと街に雪が舞う、最高の雰囲気。
心地よく、番組も進められるのではないか。

祝賀パレードが滞りなく。
昭和、平成、令和と迎えて、パレードを見て、背筋を伸ばさなくてはいけない。
これは昭和かなと思った。
広島と倉敷を無事に終わることが出来た。
この後は、東京二日間。

広島でゾーンに入ってしまった。
トークで曲目が変わってくる。
開演前に、元RCCのディレクターが来てくれた。
感極まった。
涙が出てきたら、本格的な涙になって、鼻も出てくる。
最後まで落ち着かなかった。

生きるというのは悲しいことです。
歌うというのは悲しいことです。
悲しいとか淋しいとかと違う涙。
お客さんが精一杯支えてくれたから、なんとかコンサートやらせていただけた。
一日おいて倉敷。

倉敷は盛り上がる。
雰囲気が違う。
ところが、広島の涙が引きずってて、幕が開くと、いつもの自分に戻り、いつもの俺になった感じだった。
アンコールに入ったら、倉敷の連中は盛り上げる盛り上げる。
時間も時間だった。
18時半から21時が、21時を過ぎ、本来なら歌うことがない「季節の中で」
メンバーが、どうやって入ったら良いんだろう。
あれには笑った。そんなリハーサルしてない。
メンバーとの駆け引きがすごかった。
あれは倉敷がなせる技。
楽屋に戻ってきたら、マネージャーが「やっぱり倉敷は違いますね」
俺のお客さんは愛しいし。
広島~倉敷、本当に特別な夜でした。

♪特別な夜 (松山千春)
 
<CM>

聴取者からのメール。

高崎コンサート参加者より。
高崎には立派な会館が出来た。
それまでは前橋でよくやらせていただいた。

会館は、国、県、市が優先。
それから抽選。
高崎は気持ちよく、綺麗な会館だった。

聴取者からのメール。

広島コンサート参加者より。
ゾーンに入っていくと、メンバーも分かって、演奏も切れ味が良い。

広島、倉敷、やっぱりお客さんに支えられて、どんな体調だろうが、どんな状況であろうが、お客さんにありがたいと、つくづく感じた中国地区のコンサートでした。

金を貯めることに違和感を感じる。
いつも腹ペコでいたい。
持ったこともない大金だから、早く使いたくなる。

♪陽は昇る (松山千春)
 
<CM>

聴取者からのメール。

広島コンサート参加者より。

足寄にはコンサートできてくれるところがない。
だから、こっちから足を運んでる。

♪human (松山千春)
 
<CM>

聴取者からのメール。

倉敷コンサート参加者より。

あちらこちらの客席から携帯音が鳴ったこと。
時代が時代、ステージ上で気づいて、それを話題にしながらコンサートを進めてる。
できればマナーモード、電源を切る。
本人が一番ビックリしたと思う。
マナー道徳は、自分がおかれてる立場、公共の場、みんなで作り上げていくことが日本のマナー。
公共の場ですることではないなと、みんなが理解を深めていく、突き詰めて言えば、幼児虐待もなくなる。

昔の家庭家族と、今は個人の家庭、核家族になった時に、周りは気づいてないだろう、子供に虐待。
子供がどれほどの思いで、その虐待に耐えてるか。
子供は誰に助けを求めるのよ。
「しつけ」、気持ちはわかりますけど、我が子を痛めつけて、我が子を殺してまでも、守らなきゃならないしつけ、そんなものは、この地球上どこでも通用しないと感じてます。
自分一人では無力、一人一人が目覚めてくれたら、世の中一歩前に進んでいけるんだと思います。
無力だが、まずは自分から、そういう思いです。

<CM>

聴取者からのメール。

広島コンサート参加者より。

デビュー当時のことを知ってくれてるディレクターも、RKB野見山さんが亡くなり、RCCの村田さん、東海ラジオの塩瀬さん。
「どうでしたか、今日の松山は」
本来なら竹田さんに報告するのが一番だけど。
今ではみんなが、竹田さんだと思い、どのコンサート上でも、リハが終わって、楽屋に戻って、「竹田さん、今日は倉敷です」
「この後は東京」
東京厚生年金会館小ホール、懐かしい。
楽屋入りの道がわからなくて、男に聞いた。
幕が開いたら、そのお客さんが前から3列目に座っていて。
「先ほどはどうも、道を訪ねた松山です」
懐かしい思い出をいっぱい持ちながら、さて、広島倉敷ありがとう、東京へ行って歌ってきます。
最後まで付き合ってくれてありがとうございます。

♪初雪 (松山千春)
 

千春最高

東京のコンサート楽しみです
ステージから客席に降りてこないかな
どうかどうかおりてきてください
客席を走り抜けるだけでもいいです

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 11/7 倉敷市民会館 | トップページ | 11/13 東京国際フォーラム »