2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« NACK5 (1/12) | トップページ | STVラジオ・リクエストプラザ(1/22) »

2020年1月19日 (日)

NACK5 (1/19)

今夜もリアルタイムにお伝えしたいと思います♪

by よしくん

 

« NACK5 (1/12) | トップページ | STVラジオ・リクエストプラザ(1/22) »

ラジオ」カテゴリの記事

コメント

1/19 放送分より

皆さま、お元気でいらっしゃいますか?
松山千春です。
今回も、札幌STVラジオからお届けです。

今年の冬は雪が少ない。

聴取者からのメール。

毎週ひま。
ラジオだけ。
一日って長いもんだ。
自分がデビューに至った、1977年1月25日、ここまでの44年。
その前にアマチュアとしてSTVラジオで喋っていた。
18歳で卒業して、北見でアルバイト。
ストリップの照明。
運転免許を取得して、足寄に帰ってきて、父さんの仕事の手伝い。
その5月にフォーク音楽祭に、北海道予選で落ちる。
落ちた俺に、竹田さんが、「千春くん、今度ラジオやってみないか?」
翌年、自分が二十歳になった4月4日からサンデージャンボスペシャルが始まり、千春のひとりうたというコーナーを作ってくれた。
毎週2曲新しい曲を作って発表してくれ。
日曜日の昼間生放送。
足寄に帰って、2曲新曲作って、9月くらいに、竹田さんがレコーディングしよう。
STVの上層部には根回しするから。
竹田さんは突っ走ってくれた。
東京行って、レコーディングして、どの曲をデビュー曲にしようか。
俺たちが最初に出会った、フォーク音楽祭道東予選、その時から気になっていた曲をデビュー曲にしよう。

♪旅立ち (松山千春)

<CM>

21歳になってまもなく、1月25日、旅立ちでデビュー。
竹田さんは色んな意味で厳しかった。
レコード会社の人が竹田さんにレコードを持ってくる。
それを聞いて、感想をはっきりと物申す。
そんな竹田さんに育てられながら、サンデージャンボスペシャルやりながら、8月8日北海道厚生年金会館でデビューコンサート。
まだ21歳。
コンサート方式でやったことがない。
そして、苫小牧、帯広、北見、室蘭、8月27日はSTVで竹田さんt待ち合わせをして、丘珠空港から函館へ向かう予定でした。
守衛さんが、「残念だったね」
何を言ってるんだろう?
局に入ったら、「千春くんちょっと」
「竹田さんが亡くなった」
何言ってるんですか?
わけがわからなくなって、竹田さんの家へ行って、竹田さんとお別れをして、その後は、どうやって丘珠空港、そして函館へ、全然覚えてない状態。
竹田さんを亡くした後、釧路、旭川、東京厚生年金会館。
北見、岩見沢、小樽、帯広コンサート。

この年から始まるものもあると思います。

♪初恋 (松山千春)

<CM>

1月25日、デビューした日。
今日が19日。
レコード発売前に何をやっていたか。
色紙にサインを1,000枚。
マジックのシンナーに酔った。
1月25日、8月27日、忘れられない日となりました。

阪神淡路大震災から25年。
神戸を中心にとんでもない震災。
あれから25年。
建物や夜景は戻ったが、心はフラッシュバック。
明日の神戸、明日の淡路。

♪君を忘れない (松山千春)

<CM>

振り返って、忘れてることはいっぱいあると思う。
けど、デビュー前後、そして8月27日、竹田さんが亡くなって、それ以来、コンサート、レコードを報告する人がいなくなった。
これはデカイんです。
何かあったら報告する。
親であったり兄弟であったり、家族であったり。
竹田さんにはどう聞こえてるんだろう。
それ以降、客席に向かって報告をしています。
メンバーやマネージャーにも、「今日のコンサートはどうだった?」
ここは、こういう風に歌ってみたんだけど。
そういう報告は、一切していません。
全ては、今日の俺のコンサートが、竹田さん、遠いところで聞いていてどうでしたか?
声の調子、喋り方一つ一つ、不手際なかったですか?
いつも、甘えん坊なのかもしれないけど、こんな風に歌ってみたんだけど、竹田さんどう思う?
44年、歌ってきました。
またラジオでもこうして、いろんな事喋りながらやってきました。
我々、1000年も2000年も生きれるわけではありませんから、今過ごしているこの時間が、どれほど大切か、また愛しい時間であるか。
今は休みをとってて、つくづく思うのが暇だということ。
世界中、同じ時間が流れている。
平等に時間は流れている。
同じ時間を過ごしている、今を大切にしたいなと思う。
健康上、体調の良い時間を過ごしてもらいたいと思います。

<CM>

今回は、1月25日デビューした記念日が近い。
松山千春、1分1秒たりも無駄にすることなく、ここまで歌ってきました。
今年も春から、コンサートで全国各地、旅を続けていきますので、ぜひとも会場に足を運んでいただいて、同じ時代、悔いの無い人生を。
また来週同じ時間にお会いしましょう。
ありがとうございました。

♪凡庸 (松山千春)
 

何か、ちょっと違う、千春( 。゚Д゚。)
私も、いっぱい泣いた😞💦

よしくん、今夜もありがとうございます。

♪コンサート会場で聴きたい曲ばかりでした

貴公子のころより、どら猫(イヤこれは旭川の帽子のお店)皇帝のような歳月を経てさらに気高さを秘めてらっしゃる千春さん。

雪の結晶のような曲をつくってください

青森ではSTVのラジオは聴けません
毎週このブログを楽しみにしています
毎年春、秋 東京、仙台コンサート聴きに行ってます。今年も体調に気をつけ頑張ってください

いつもありがとうございます‼️ 50,60年と歌いつづけてください❗1日、1日無駄にする事なく私たちも頑張ります‼️元気で‼️

春コン、大ラスは全公演、凡庸で決まり!!

久しぶりに、千春ファン友達に会いました。お互い、幸せな生活を送っています。そして、早く、千春さんのコンサートに行きたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« NACK5 (1/12) | トップページ | STVラジオ・リクエストプラザ(1/22) »