2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« NACK5 (6/7) | トップページ | NACK5 (6/21) »

2020年6月14日 (日)

NACK5 (6/14)

今夜もリアルタイムにお伝えしたいと思います♪

by よしくん

 

« NACK5 (6/7) | トップページ | NACK5 (6/21) »

ラジオ」カテゴリの記事

コメント

6/14 放送分より

皆さま、お元気でいらっしゃいますか?
松山千春です。
今回も、札幌STVラジオからお届けです。

今日は、NACK5とSTVは生放送。
東京で47人の感染者。
新型コロナウイルス感染症は、なかなか収束は見えてこないな。
北海道は毎日4,5人ずっと出てる。
人から人への感染。
気をつければなんとか食い止められる。
ひとりひとり頑張っていただきたいなと思います。

一週間色々あった。
多目的トイレはどういうふうに使うか。
不倫だろうがなんだろうが、あれはいけませんね。
来る女性も女性だけど、男としてだらしない。
男が女を好きになる。奴は女好きだったんだろう。
女を愛せなかった最低な野郎だと思います。

この間、メールが入ってて、三浦祐太朗から。
結婚することになりました。
声優の牧野由依さん。

スキルの高さをみんなに知らしめてくれ。

聴取者からのメール。

服部克久さんの訃報。
びっくりした。
長いこといろんな形で仕事をした。
別格の先生だった。
俺に対しては良き理解者。
レコーディング、アレンジもしていただいた。
俺にペースを合わせてくれた。
服部先生がスタジオに入ると緊張感が。

日本海夕日コンサートの話。
服部先生が、日本海に沈む夕日が綺麗だから来てくれ。
行ったら、夕日は客席からは見えるが、背になってて見えない。
お宅にもお邪魔したことがあります。
「先生、あの小綺麗なおばさん誰?」
「奥さんだよ」
服部先生、83歳か。
早かったな。
音楽業界には大きな痛手。
服部家の皆さん、こんな松山千春ですけど、
服部克久先生、音楽を持って大切に接してくれた先生です。
一緒に仕事ができたことは光栄です。
ご冥福をただお祈りするだけで。

初めて仕事をやったのは、1983年(昭和58年)松山千春28歳。
「電話」という曲で、服部先生にアレンジしてもらいました。

「あ、千春くん、君のことはよく知ってるよ」

♪電話 (松山千春)

<CM>

初めてお会いして、スタジオで初めて聞く。
♪眠れぬ夜は、あの店で酒を飲み(アカペラ)
途中でエレキが入ってくる。
正直驚いた。
あれから30数年経って、このフレーズだよな。
情景が浮かんでくる。
ああいう間奏、印象に残るイントロ。
音を楽しむ。
そういう方だったんだろうな。
よく茶化して、お父さんが国民栄誉賞だから、プレッシャーもあるでしょう?
初代を負かすぐらい頑張れる二世はそういない。

しばらくして「思ひ」を服部さんでやってみたい。
北方領土、樺太に残された日本人、そんな人たちのことを思って作った。
服部さんはこんなふうにアレンジしてくれました。

♪思ひ (松山千春)

<CM>

聴取者からのメール。

服部さんは色んな仕事を、選びながらやってたんじゃないかな。
どんなものにも挑戦する。
元、東海ラジオの塩瀬さんが亡くなった。

寿命まで生きている自分、大切に。
向上心を持って次へ次へと。
デビュー当時を知る、塩瀬さんが亡くなった事実を認める。

♪君は花 (松山千春)

<CM>

松山千春の近況
春のコンサートは全て延期。
9月から、これは是非やりたいと思ってます。
6月に入り、9日から大阪へ。
前歯の調子が悪い。
インプラントにしよう。
前歯8本の大手術。
食べれない、飲むのも辛い。
糖尿、狭心症の持病。
血が止まりづらい、傷が治りづらい。
糖尿病とデブ、これは手術がしづらい。
血が止まらない、メスが入っていかない。
何かあったときのために、健康な体調でいてもらいたい。
糖尿は、先天的、後天的。
是非とも、食事から。
お互い、歯を気をつけて。
今はもうしっかり入ってますから。
もし(前歯が)落ちた場合は、元ちゃんに強力な接着剤を持たせますので…

<CM>

6月11日、服部克久先生が亡くなりまして、83歳
笑った顔しかイメージがない。
深刻そうな顔のイメージはまったくない。
いつでも明るかった。
「俺は、さだまさしと谷村新司は大嫌いですから」
千春くん、それぞれ性格も音楽に対する取り組み方も違うし、上がってくる楽曲も違うし、それはそれでいいんじゃないか。
本流元流を知ってて、男として本流、はみ出て元流。
本流をしっかり捕まえてて、ロック、フォーク、歌謡曲、演歌、それを先生と呼べるんじゃないか。
服部さん、一緒に仕事ができて、光栄に思ってるよ。
きれいなおばさん、息子や娘、あなたの血を引いて頑張ってくれると思いますよ。

今回、最後の曲は、服部先生がアレンジしてくれた、ひき潮
自分でも大好きな曲で、東日本大震災後は、歌いづらい曲かなと思ったけど。
人生は、波が浜に上がり、下がり、ひき潮のようなもんだと思ってます。

服部克久さん、ご冥福を祈ってます

♪ひき潮 (松山千春)
 

電話、思ひ、ひき潮 全部大好きです。
詞・曲も 格別アレンジも。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« NACK5 (6/7) | トップページ | NACK5 (6/21) »